おきらくA to Z

カリグラフィーと、なんちゃらかちゃら。
『Gothic&Lolita Bible』vol.48
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生徒さんが教室に雑誌を持ってきてくれました。

『Gothic&Lolita Bible』vol.48です。



ゴスロリさんの服が好きなので、自分で縫って作るそうです。

で、先月これを買ったら、カリグラフィーが紹介されていたと。

ワタクシ、この雑誌を初めて手に取りました。

(てゆーか、知らんかった)

新鮮だわぁ。笑顔






 あっ、帽子の飾りに文字が。



カリグラフィーの紹介に2ページ、

ゴシック体の書き方に2ページ割いてありましたよ。



4ページか……。

けっこうなページ数ですね。

きれいな作品が幾つも載っています。

「教えてくれた先生はこの人」として

深谷友紀子さんのお名前がありました。




| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 23:41 | comments(0) |
『たのしいカリグラフィー』新装版
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本屋さんで目にとまりました。

ブラッシュライティングの草分けである

鈴木泰子先生のご本です。



16年前に出版されたものの新装版らしいです。

中身もいくらか変わっているのかな。

家の本棚から探してチェックしてみようっと。

      ◇

鈴木先生のブラッシュライティングは

文字、デザイン、ともに死角なし。

私も昔、2年間、手ほどきしていただきましたが、

そんな短い期間では習得ままならずで……。汗

この本にあるような躍動感のある、凛とした線が

なかなか書けないんですよねえ。

久しぶりに練習してみようかな〜。



| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 23:48 | comments(0) |
CM効果続行中。
昨日の続き。
移転した、その朝日カルチャーセンター中之島教室
おととい、小さな取材を受けました。

来月の今ごろに出る『PLUS LUMINO』です。



これは大阪でたまに見かける、街情報のフリー冊子。
(フリーなのに、いつも表紙が有名タレントさんという…)

3月号だから、春間近ということで
「おけいこごと特集」なんだそう。

5cm×10cmほどの、決して大きいとは言えない枠ですが、
何もしていないのに宣伝してもらえるなんて、
ほんと、ありがたい限りです。

大阪、いえ、こちらのカルチャーセンターだけでも
たくさん教室があります。
なぜカリグラフィーを選ばれたのかが気になり、
尋ねてみましたら……。

「テレビのCMを見たんです。あっ、これだ!と思って」と、
『PLUS LUMINO』編集部の若い女性ライターさん。

あは、やっぱり 顔

すごいですよね〜、メディアの力って。
カリグラフィーCMはもう流れていませんが、
この先、まだまだ余波がありそうですよ。


        ◇


さて、新築ビルで新年スタートを切った
こちらのカリグラフィー教室では、現在、
生徒さんは5名いらっしゃるのみ。
もったいないくらい、広々とスペースを使わせてもらっています汗

初心者の方も経験者の方も、見学はいつでも大歓迎です。
機会がありましたら、一度のぞいてみてくださいね?



| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 08:37 | comments(0) |
『シンメトリー』
竹内結子さん主演のドラマ「ストロベリーナイト」(再放送)
を見ています。
う〜ん汗 こういうのって、ちと怖い顔
とか言いながら、原作の1つ、『シンメトリー』を読むことに。



 本田哲也著(光文社文庫)


で、さっそく目次を開けてみたら……。

お!
ほっほ〜。

こんなふうに、小さく喜ばせてくれるものが好きです笑顔
ほら、こちら

| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 07:16 | comments(0) |
『イメージカラーサンプル』
作品作りで、色どうしよ〜〜と悩んだら、この本。



 『イメージカラーサンプル』
  南雲治嘉 著(グラフィック社)
  ¥1,500


作品って、どうしても似たような色使いになりませんか?
そんなマンネリから脱したいときにも使えます。

配色の本はほかにもたくさん売られていますが、
これはアルファベットで配色を見せてくれているため、
ストレートでわかりやすいのです。



言葉のイメージから探したり……。



Web用にRGBの値で色が表示されています。
が、私が使うのはもちろん印刷用のCMYKのほう。


初版は11年前。
今も書店で買える、便利な本の紹介でした。ニコ

| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 22:14 | comments(0) |
『Stylish NAIL』vol.40
『Stylish NAIL』vol.40 2012年 11月号(パッワーク通信社)に
カリグラファー三戸美奈子さんとネイリスト黒崎えり子さんの
コラボ作品&対談が載っています。
40号記念号の特別企画・目玉ページに登場。



この雑誌のために書き下ろしされた
三戸さんの作品(バイロンの詩)が見れますよ〜。
黒の紙にビビッドなピンクの文字って、
これまで書かれたことあったかしらん。
三戸さんにしては珍しい配色のような気がしました。
(私が知らないだけかも汗

過去作品も数点掲載されています。
書き始めたら電話にも出れないというお話など披露されていて、
ファンは要チェックの雑誌でしょう。

これは先月発売??
今すぐ書店に走ってくださ〜い!


| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 23:47 | comments(0) |
きのうのつづき。
この本に、虹の色数のことが書いてあるよと
教えてくださる方がいました。
(ありがとうございました。)
おもしろそうな本です。読んでみます〜。


『ことばと思考』
 今井むつみ著(岩波新書)
| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 23:56 | comments(0) |
『ビロードのうさぎ』
先日、大阪・梅田にある本屋さんで
時間つぶしをしていたときのこと。
ふと目についた絵本がありまして……。
これなんですけど。


(原作:マージェリィ W ビアンコ 絵・抄訳:酒井駒子)

もうかなり前に出版されています。
久々に手に取り、流し読みしたら、
やっぱりラストのページでウルウル。

ここで、自分の目の前に
(握手ができるくらい近くに)
カリグラフィーの生徒さんがいるのに気づきました。
別の絵本を真剣に読まれていました。
ずーっと気づかなかったことに、お互い苦笑。
大阪も意外と狭いんですよね。

             ◇

ところで、この絵本。
初版はなんと1922年なんだとか。
日本では『ビロードうさぎ』『ベルベットうさぎのなみだ』
と訳されたものも出ています。

が、最後にウルウルとなってしまうのは
上記2冊ではなく『ビロードのうさぎ』だけなんです。
なぜだろ。


なぜ と書きましたが、嘘です。
酒井駒子さんの絵のせいなんだろうなと
見当がついています。
絵の持つ力ってすごい。

この絵本が好きという人、いませんか?
や、そんな大感動もののお話ってわけじゃ
ないんですけどね。



カリグラファーズ・ギルド運営委員Fさんに贈りたくなる絵本。


| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 01:58 | comments(4) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ