おきらくA to Z

カリグラフィーと、なんちゃらかちゃら。
<< 『POPEYE』2012年6月号 | main | Esquisse(エスキース) >>
『ビロードのうさぎ』
先日、大阪・梅田にある本屋さんで
時間つぶしをしていたときのこと。
ふと目についた絵本がありまして……。
これなんですけど。


(原作:マージェリィ W ビアンコ 絵・抄訳:酒井駒子)

もうかなり前に出版されています。
久々に手に取り、流し読みしたら、
やっぱりラストのページでウルウル。

ここで、自分の目の前に
(握手ができるくらい近くに)
カリグラフィーの生徒さんがいるのに気づきました。
別の絵本を真剣に読まれていました。
ずーっと気づかなかったことに、お互い苦笑。
大阪も意外と狭いんですよね。

             ◇

ところで、この絵本。
初版はなんと1922年なんだとか。
日本では『ビロードうさぎ』『ベルベットうさぎのなみだ』
と訳されたものも出ています。

が、最後にウルウルとなってしまうのは
上記2冊ではなく『ビロードのうさぎ』だけなんです。
なぜだろ。


なぜ と書きましたが、嘘です。
酒井駒子さんの絵のせいなんだろうなと
見当がついています。
絵の持つ力ってすごい。

この絵本が好きという人、いませんか?
や、そんな大感動もののお話ってわけじゃ
ないんですけどね。



カリグラファーズ・ギルド運営委員Fさんに贈りたくなる絵本。


| 木作輝代(きさくてるよ) | ■本・雑誌あれこれ | 01:58 | comments(4) |
木作先生こんにちは♪(今は夜中なので違和感〜汗)
絵本とか全然知らなくて

『ビロードのうさぎ』も
『ビロードうさぎ』も
『ベルベットうさぎのなみだ』も
読んでみたくなりました。

今度本屋さんで探してみます(^^)
ちなみにJ堂書店ですか?
| メイリンゴ | 2012/06/07 12:09 AM |

メイリンゴさん、こんばんは。(もうすぐ夜が明けそうで違和感〜。笑)
あ、J堂書店にもありそうですね。
私はいつもK國屋さんなのです。
ちなみに、中くらいの規模であれば、近所の図書館にもある可能性大ですよ?
| きさく | 2012/06/07 2:33 AM |

木作先生、ご無沙汰しております。

ブログ、楽しく見せていただきました(*^_^*)

私もこの絵本好きなんです!!!
偶然、本屋さんでちらりと見て気に入って子供に買ったのですが、
なんだかもったいなくて、子供から私の本棚へ移動させました。

酒井駒子さんの絵、なんだか心に残りますよね。

うさぎモノにも弱い私です。
| nakamura n | 2012/08/01 10:35 PM |

うわ〜、
お久しぶりです〜。(^ ^)/
お元気ですか。
ちびちゃんたちも暑さに参ってないかな…。

ここを見てくださっていたんですね。
ありがとうございます。(嬉しい!)

この絵本って地味なのに、なぜか惹かれますよね?
子供向けというよりも、大人に向けて
書かれたような気がしてしょうがないです。











| きさく | 2012/08/02 12:55 AM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ