おきらくA to Z

カリグラフィーと、なんちゃらかちゃら。
<< 警視庁捜査一課9係 | main | 「カリグラフィーマルシェ」 >>
「警視庁捜査一課9係」その2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんとか、ほぼリアルタイムで見ることができました。

カリグラフィーを書く手元の撮影もあったと聞いていたので、

今か、今かと待っていると……。

はい、きれいな手がちゃんと大きく映りました〜。

アシェットのCM(コレ→■■)といい、

深谷友紀子さんはもう、手タレさんとしての活躍もされてますねうれしい

         ◇

いや〜、それにしてもこのドラマ。

殺人事件に絡み、まさかカリグラフィーが

あれほど大々的に取り上げられるとは!

映っても少しかなと想像していたのに。

これはカリグラフィー普及のためのドラマですか?

と、思えるほどの良い扱いでした。

(制作の皆々様、ありがとうございます〜 にこにこ

とにかく、いろんなところで登場していました。


録画してまだ見られていない方、この先、ネタバレご注意。

どんな感じだったかというと……。

松井康子先生の文字やカードがドアップで映ったり、

大御所Sheila Watersの額など、いくつかの作品が

アトリエの壁に飾られていたり。

講師役の渡辺梓さんがオブリークホルダーにペン先をつけ、

(ここ、見事なドアップです!)

「ほかの書体はペンを変えることによって

文字の大きさを変えるんですが、この書体(カッパープレート体)

だけは筆圧の変化によって ……」

などと、詳しい説明をされたりしました。

さらに、アトリエの壁に飾られた作品を説明する際に

「1枚の絵が1つの物語をつむいでいるでしょう?

カリグラフィーは言葉と色彩の融合芸術ですから」

なんて、語ってくれたりするんですよ。素晴らしい泣く

そして、ドラマの最後。

渡瀬恒彦さん演ずる加納係長が、自作のバースデーカードを添えた

花束を抱えて歩いているシーンで終わります。

じつはその日は、亡くなった妻の誕生日だった、という。

これからお墓参りをされるのでしょう。

(男性でも、大切な人のためにカードを書いたという設定ね)

あ、でも、えっと……。

そのバースデーカードは松井先生の筆跡の美しいカードでした。

う〜ん、小道具さん、小道具さん、ここはもうちょっと

初心者っぽい文字にしたほうがリアルかと。汗

いくらなんでも、あそこまで上手になるには、

日数が少な過ぎやろ。(……とは言わないお約束っとしーっ) 

           ◇

ドラマの中でプロのカリグラファーを演じたのは

講師役・渡辺梓さんをはじめ、その友人の元カリグラファー役・七瀬

なつみさん、講師アシスタント役・黒川芽以さん、という

素敵な美人女優さんばかりでした。

よし! カリグラファーのイメージ高まったな。(笑)

ほかにも、カリグラフィーの本を見つつ、チョコレートで文字を

書いていたパティシエ役・中越典子さんもいました。

彼女に至っては「最近はパティシエも増えてきたからねえ、

生き残るためには技が必要なのよ」と言ってくれちゃうんです。

これって、そのまんま、視聴者に対して

「皆さん、カリグラフィーを始めませんか?」

というお誘いになってますよね。

このドラマは全国放送なのかな?

もしかしたら、また何かと反響があるかもしれませんね〜。






| 木作輝代(きさくてるよ) | ■カリグラフィー | 23:55 | comments(0) |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ