おきらくA to Z

カリグラフィーと、なんちゃらかちゃら。
<< 「半沢直樹」に学んでみた。 | main | ケルトはお好き? その2 >>
「半沢直樹」ひっぱる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ひっぱってごめんなさ〜い。

でも、脇役のラインナップも勝因の1つだったなと、つくづく。

ひとくせも、ふたくせもあるような(←ほめ言葉のつもり)

おもしろい役者さんたちで固めてありました。

たぶん世間的には、一番の注目株は

半沢直樹の友人・近藤役の滝藤賢一さんなのかな?

この方、今後しょっちゅうTVで見るようになるでしょう。

 
          ◇

そんな中、私が毎回反応していたのは、岸川部長を演じられた

森田順平さんです。(滑舌のよさ断トツ!)

この方がしゃべるたび、声が気になって、気になって。

いえ、特にファンというわけじゃないですが。バイバイ

じゃ、なぜ気になっていたかというと。

どうしてもヒュー・グラントの顔がちらつくんですよ。汗汗

あまりに気になるので、森田さんをちょっと検索してみたら……。

ええーっ! びっくり

なんぼほど吹き替えされてますのん?

ヒュー・グラント以外にニコラス・ケイジ、トム・クルーズ、

ケビン・コスナー、リチャード・ギア、マシュー・マコノヒー、

グレゴリー・ペック、ショーン・ペン………うう、書き切れない。

たくさんの俳優さんの吹き替えをされていました。

こりゃもう、ほとんど声優さんと言ってもいいくらい。

あっ!

犯罪ドラマ「クリミナル・マインド」のホッチ(主役級人物)の

吹き替えもされてるじゃありませんか。

気づかなかった。

今、毎週見ているというのに……。汗

もしかしたら、ほかにも、気づかないまま

耳に入っているのがある気がするなあ。

コレ読んでくださってるあなたも、一度くらい

どこかで森田さんの吹き替えを聞いてるかもしれませんね。





| 木作輝代(きさくてるよ) | - | 23:50 | comments(0) |









      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

このページの先頭へ